« vi のサスペンド復帰方法 | トップページ | 人間失格 »

走れメロス

ソフトを買ってみたものの、どうにもとっつきにくい本ばっかりだったので
有名な話からとりあえず読んでみた。
太宰治が作者だったとは知らなかった。
作者を気にして読むってことを知らないときに最初に読んだんだろう。

メロスが、村に帰らなきゃならないので、友人を身代わりにおいてきた
ってのは、漠然と覚えてたけど、妹の結婚式だったんだなぁ。。。
それ以外は、昔の記憶と変わるところはなかった。

やっぱりいろいろな困難があって、「ごめん。オレもうだめだよ」
って思ったり、突然奮い立ったりして、ギリギリ友人の処刑に
間に合ってしまうところが、いいんだろうなぁ。
漫画とかも王道だよねぇ。

« vi のサスペンド復帰方法 | トップページ | 人間失格 »

DS文学全集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022502/23552629

この記事へのトラックバック一覧です: 走れメロス:

« vi のサスペンド復帰方法 | トップページ | 人間失格 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ