« ごん狐 | トップページ | 注文の多い料理店 »

花のき村と盗人たち

タイトルすらも知らず、でも新美南吉の本だった&短そうだったので選んだ。

泥棒のかしらは、お地蔵さん扮する子供が自分を信頼して、牛をあずけてくれたことに感激して、泥棒から足を洗うのです。
あ、あらすじを書いちゃった。
やっぱり人間は、認めてもらいたい欲があるんだろうなぁ。
その欲が満たされないとダメなのかもしれない。

ほんとはこちらから気づいてあげないとダメなんだよねえ。
むずかしい。

« ごん狐 | トップページ | 注文の多い料理店 »

DS文学全集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022502/23580662

この記事へのトラックバック一覧です: 花のき村と盗人たち:

« ごん狐 | トップページ | 注文の多い料理店 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ