« Intel True Key アンインストール | トップページ | vagrant内のMySQLにA5M2でアクセスする »

Oracle Apex アップグレード手順

Oracle11gEXをまずはダウンロードしてインストールしておきます
http://www.oracle.com/technetwork/jp/database/database-technologies/express-edition/downloads/index.html
SYSに設定したパスワードは忘れないように。

11gXEには古いAPEXが入っているので、それを割と最新(5.1)にアップグレードします。
アップグレードの方法は、基本はこの通り
http://docs.oracle.com/cd/E68317_01/install.50/e67395/oracle_xe.htm

【手順】
1.APEXの5.1をダウンロード
http://www.oracle.com/technetwork/developer-tools/apex/downloads/index.html

2. 1.のZIPを解凍。なんかC:\に解凍しろとマニュアルにかいておるので従います

3.コマンドプロンプト起動してSQLPlusにはいります

C:\>SYSTEM_DRIVE:\ sqlplus /nolog
SQL> CONNECT SYS as SYSDBA
Enter password: [SYSのパスワードを入力します]

4.APEXインストール
マニュアルに書いてある例そのままでいきました
@apexins.sql SYSAUX SYSAUX TEMP /i/

5.イメージのロード
このAPEX_HOMEというので一度ハマりました。
APEX_HOMEは解凍したディレクトリ指定しろって書いてるんだけど
WindowsのダブクリでZIP解凍すると、フォルダ階層のてっぺんが
ファイル名になってしまうので、ひとつ下のapexの場所を指定して
あげなきゃだめだった。

C:\apex_5.1
|-- apex <-------この位置
|--- image

@apex_epg_config.sql c:\apex_5.1\apex

6.インストール完了後にログインするためのユーザ名とパスワードを設定します。
パスワードはパスワードポリシー(?)みたいのに則ってないとエラーなります。
@apxchpwd.sql

7.完了!管理画面にアクセス
http://127.0.0.1:8080/apex/apex_admin

« Intel True Key アンインストール | トップページ | vagrant内のMySQLにA5M2でアクセスする »

備忘録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022502/69688704

この記事へのトラックバック一覧です: Oracle Apex アップグレード手順:

« Intel True Key アンインストール | トップページ | vagrant内のMySQLにA5M2でアクセスする »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ